松本 和彦(まつもと かずひこ)

 

経営コンサルタント
株式会社プリムス 代表取締役
1962年、広島県尾道市出身。関西学院大学法学部卒業。
1986年、父の経営する松本数三司法書士事務所勤務、経営コンサルティングに必要な法務関係の基礎を学ぶ。
1955年、オーナーシェフとしてイタリア魚介料理店「タヴェルナヴェルデ」を広島県福山市に開業。半年で行列のできる繁盛店に。
1998年、飲食店経営の実績を評価され、日本トップクラスのフードコンサルティング企業である、鰍nMGコンサルティングからヘッドハンティングされ入社。90件以上のオープンやメニュー変更を担当。日本でも数少ない料理のできるコンサルタントとして活躍。
2004年、「遊びながら幸せに儲ける」をメッセージに、独自の「ハート・トゥ・ハート・マーケティング」を提唱、フードコンサルティング会社「有限会社プリムス」を開業。数多くのイタリアンレストランやダイニング系居酒屋、焼肉店、ラーメン店等の経営指導に当たる。
2005年より、松本和彦オリジナルブランド食材を開発し、現在、全国規模の飲食チェーンに継続的に納入。
2007年より、経営コンサルタントの傍ら、名門料理学校である服部栄養専門学校、東京モード学園、産業能率大学、国際フード製菓専門学校、東京すしアカデミー、山野美容芸術短期大学等の非常勤講師、一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会トレーナー、フードアナリスト協会学術委員を務める。
2009年、日本フードアナリスト協会学術委員として1級教科書(商品開発、セールスプロモーション)を執筆。
2010年から大田区いちおしグルメ審査委員長を務める。
2013年から東京大学医学部学生に向けて、マーケティングを講義、医療分野でのマーケティング思考の浸透を目指す。
2015年、Yahoo!ファイナンスで「日本のトップ・ビジネス・コンサルタント」と評され、海外でも広く配信される。(東大白熱講義や服部栄養専門学校等7校での講師実績や地方公共団体でのコンサルティング活動が海外で「日本のトップコンサルタント」と評価される。)
2016年、フェイスブックページ「松本和彦のメニューライブラリ」は87万の「いいね!」を集め、芸能人カテゴリで16位にランクされる。
現在、国内外でのコンサル活動、講師職に就きながら、 健康法においてはアメリカbPダイエット、ドクターシアーズZONEダイエットの第一人者として資格認定事業に参画。「遊びながら幸せに儲ける」コミュニティ「ハッピーサクセスクラブ」を主宰。
【著書】
『飲食店「メニューと集客」の黄金ルール:あなたのお店を繁盛店に変える!』(日本実業出版社、2007年)
『ドンと来い! 大恐慌』(藤井厳喜氏との共著、ジョルダンブックス、2009年)
『メニュー作りに失敗する14の落とし穴』
『ハートトゥハートマーケティングを使った飲食店開業の教科書』

http://www.1menu.jp/
http://www.facebook.com/matsumotokazuhiko



(※書籍刊行時の情報です)