吉本 貞昭(よしもと さだあき)

 

国立大学の大学院を修了後、中国留学を経て、大学の研究機関に所属。その後、平成24年7月に吉本貞昭事務所を設立。平成28年1月に吉本研究会を設立して、市民と大学生を対象にした近現代史のセミナーを実施している。
専門分野の中国研究の他に、明治維新、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争、占領政策などを中心に近現代史について研究している。約10年にわたり高等学校で世界史などを担当。昭和20年9月14日に、東京・市ヶ谷台上で割腹自決した陸軍大将吉本貞一は、親類にあたる。

吉本貞昭事務所

(※書籍刊行時の情報です)



著書