児童書
犬と猫
ホタル
健康書
精神世界
ヘミシンク本
趣味実用
教育書
文芸書
ふるさと文庫
文庫注文書
ヘミシンクCD
公 募
商品一覧
本を探す
リンク
ニュース
近刊案内
会社案内
書店様向
ハート出版 TOP
お問合せ
動画(youtube)
ふるさと文庫ブログ


商品検索:キーワードを入力してボタンをクリック!


「 夢で会える 体外離脱入門 」をアマゾンでご注文
(クリックしてください)

誰でも好奇心さえあれば、
時間と空間を超えた異次元世界を
安全に探索できる――
ヘミシンク
モンロー研究所ヘミシンク


■ 体外離脱・明晰夢の本 ■


夢で会える
体外離脱入門

誰でも異次元探訪できる



250回以上の体外離脱体験でつかんだ
誰でも可能な「夢体脱」とは

特別なテクニックも修行もしないで
安全、効率よく夢で会うための方法
亡き人も夢であなたと
会いたがっています

それを叶えましょう


体外離脱は、決して特殊な体験ではありません。
体外離脱は楽しい出来事ですが、特別な能力ではありません。
体外離脱はすべての人が睡眠中に体験している現象です。
ただ、その記憶を現実世界に持ち帰るための
テクニックが必要なのだと考えてください。
必ず、誰でもできます。


高羽そら 著 2012.01.11 発行  

ISBN 978-4-89295-900-4 C0011 四六並製・272頁・定価 2160円(本体 2000円)

 

まえがき

夢で会える 体外離脱入門

 この本では体外離脱という語句を使用しますが、その現象がどんなものなのかを私の体験を通じて紹介できたらと思っています。最後まで読まれた皆さんが、「な〜んだ。不思議でも恐ろしい現象でもなく、誰にでもできることなのか。よし、ちょっと挑戦してみようかな」という感想と遊び心を持っていただけたら最高に嬉しいです。

* *
 私の日課は、早朝4時半頃にベッドを出て90分間の瞑想をすることです。そして毎日ではありませんが、もう一度ベッドに戻り、肉体はそのままの状態で意識だけベッドから出ます。そして自宅マンションの10階のバルコニーに立ち、手すりを乗り越えて飛び立ちます!。
 そしてベランダから出たら浮遊感に浸りながら心地よい風と優しい光に包まれ、飛び続けます。飛び続けた先に待っているのは、私の過去生だったり、亡くなった人、私達を見守るガイド、妖精達、あるいは宇宙人の場合もあります。
 これらは私が日常的に体験していることです。このような体験を一般的には、幽体離脱、あるいは体外離脱と表現しています。表現は一般的ですが体験は一般的でないかもしれませんけど。
 体外離脱はいろいろなスピリチュアル系の本で取り上げられ、さまざまな定義付けがされています。科学的に検証を試みた本もあれば、いわゆる魂が身体から抜け出るものだとするオカルト的な解釈をしている本もあります。あるいは、荒唐無稽な単なる脳内現象だと説明されている場合もあります。ただし共通しているのは、肉体から意識が離れるという感覚を経験して、物理法則に影響されない非物質的な体験だということです。
 私が初めて体外離脱を体験したのは、2009年4月21日のことです。それから1年で約100回のペースで体験を重ね、現在では記録に残しているだけで250回を越えています。本文で後述するアメリカのロバート・モンローさんは亡くなるまでの間900回以上の体外離脱を体験されていますので、私はまだまだ足元にも及びませんけれど。

* *
 もうひとつ、私が日々経験しているものに「明晰夢」があります。これは医学的にも検証されている用語ですが、夢を見ている時にその体験が夢だとはっきり気がつく現象です。私は子供の頃からひんぱんに明晰夢を体験していましたので、夢を見ている時に夢だと気がつくのは普通のことだと思っていました。しかし、成人してから周囲の人に聞いてみると、私のようにひんぱんに明晰夢を体験している人は意外に少ないことに気がつきました。
 ところで、明晰夢というのは最高に楽しい体験です。夢だと気がついた瞬間、その世界はある程度自分の思うままになります。昨年(2010年)の映画『インセプション』を観られた方ならイメージしていただきやすいと思いますが、まさしくこの映画の世界が明晰夢の世界です。何も存在しない海に島を出現させ、中世ヨーロッパの城や街を再現し、その島に『不思議の国のアリス』に出てくるような人物達を登場させてハラハラドキドキのファンタジーを体験することができます。これは私が実際に体験した出来事です。

* *
 体外離脱と明晰夢。この二つは一見関連性のない現象だと思われていますが、どちらもひんぱんに体験している私にとって実はまったく同じ現象です。そこに至る過程が違うだけで体験は同じです。日常の意識を保ったまま夢の世界に入るか、一度眠ってから夢の中で日常の意識を取り戻すかの違いだけなのです。
 そうなのです! この本はいかにして夢の世界(体外離脱の世界)に入ることができるかを取り上げたものです。夢の世界は広大で多次元に及び、その大きさははかり知れません。そして夢の世界は、精神世界の分野で扱われているすべての分野に通じる入口であると確信しています。
 夢は誰でも見ることができます。霊能力も超能力も必要ありません。悟りを開いた聖者に教えを請わなくても体験できます。心地よいベッドと布団と使い慣れた枕があれば十分です。私のように普通の人間が、少しの根気と努力で驚くような体験をすることができます。そして、少し大げさに聞こえるかもしれませんが、その体験が、生まれてきた目的の気付きや、実現に役立つものと信じています。
 この本で紹介する理論的内容やテクニックは、あくまでも私の経験に基づいた仮説であり個人的な体験だということを理解しておいてください。非物質的体験は主観的な体験であり、すべての人に完璧にあてはまるノウハウは基本的に存在しないと考えています。しかし、参考にしていただける部分がたくさんあると思います。私自身が他の体験者の経験や著書を読み、自分なりに理解してアレンジしていったものです。
 方法論に関しては現在進行形で日々その体験や概念が変化しています。本著以後の変化については、今後機会があれば公開していきたいと考えています。
 この本に書いてあるのは、夢の世界(明晰夢と体外離脱の世界)を探索するために私がコツコツと作成してきた「夢への地図」です。私達が目指す目的地は一人ひとり違いますし、歩む道も違います。でも、初めて夢の世界に踏み込む方達にとって、「夢への地図」があれは、道に迷わずに目的地へ進んでいただけると思います。
 ただし、私のこの「夢への地図」はまだ完成途上で、しかも日々少しずつ変化しています。ですから、本当は、皆さんそれぞれが自分なりの「夢への地図」を作っていただけたらと思いますし、それは可能です。地図の製作に当たっては、本著を参考にしていただければと思います。
 そして、各人が作り上げた「夢への地図」は重ね合わせることができます。重ね合わせることで、より正確な地図となります。そしてそれらすべての「夢への地図」を重ね合わせた時、そこには本当の宇宙が表現されているような気がします。その時人間は気がつくのかもしれません。この現実世界も「夢」だったことを。

* *
 それから本文で述べる「明晰夢」と「体外離脱」の世界と体験の表記についてですが、体外離脱と明晰夢は体験が始まると同じ現象です。したがって、その両方に共通することを書く時は「夢体脱」として表記します。
 

 

目 次



まえがき


第1章 すべてはヘミシンクから始まった
    ヘミシンクとの出会い
    セミナーへの参加とヘミシンク体験
    今の私にとってヘミシンクとは


第2章 体外離脱&明晰夢とは、どういう現象なのか?
    夢体脱で体験できること
    夢体脱の知覚状態について
    夢体脱は意識の共鳴現象
    人間は多次元の存在である
    目的意識と振動数
    体外離脱&明晰夢で、より深い体験を得るために必要なこと
    夢体脱とヘミシンク体験の関連性
    夢体脱を体験する意義


第3章 体外離脱&明晰夢の体験と現実世界とのリンク
    体験が本物かどうかの不安
    亡くなった妻の母と会った体験
    マイミクさんの家族に会った体験
    本当に配達された新聞
    アルさんの警告
    本当に大切なことは



第4章 明晰夢を見る方法
    睡眠と夢について
    夢の記憶と夢日記
    潜在意識への働きかけ
    夢のパターンに気づく
    明晰夢の上級テクニック


第5章 体外離脱を体験する方法
    体外離脱に対する心の準備
    睡眠のパターンを崩す
    リーボールとアファメーション
    リラックスについて
    覚醒と睡眠の境界を漂う
    体外離脱の前兆について
    身体から抜け出すテクニックとコツ


第6章 「思いこみ」を利用した実践
    体験を意図し、隠された「思いこみ」を発見する
    「思いこみ」を外すことによる、思いがけない体験
    自分でコントロールできない「思いこみ」を利用する方法
    「思いこみ」を通じて非物質世界を体験する意義


第7章 体外離脱&明晰夢の注意点
    潜在意識との対面
    体験を長持ちさせるコツ
    好奇心や向上心等の目的意識を持つこと


第8章 非物質世界の住人達との交流
    モンローさんを探す旅
    寅さんに会った
    妖精達が作ったデザート
    宇宙人達との交流
    ナイトスクールの仲間達との交流
    私の未来生のゼロ


第9章 「今」私が取り組んでいること
    体外離脱から「体内離脱」へ
    ナイトスクールから現実世界へ
    ゼロとの約束
    「無条件の愛」に抱かれて

あとがき     


 

「あとがき」より抜粋

 この場を借りてこの本で私が言いたかったことを再度書かせていただきます。まず、体外離脱や明晰夢は、誰でも体験できるということです。夢を憶えていないからといって夢を見ていないのではなく、夢体脱を体験した記憶がないからといって、体験していないわけではないのです。すべての人が睡眠という身体を休息させる状態になった時、意識は多次元の身体を求めて共鳴現象を発生させています。そして、リアルにその世界を体験しているのです。
 ただ、この現実世界にその記憶を持ち帰ることができていないだけです。持ち帰るためのコツは、「まずは楽しんで、ちょっぴり努力」です。
 楽しむことは最も大切な要素です。楽しいと思えなければ、やってみたいと思いません。そのためにも本書で楽しい体験をいくつか紹介しました。まずは楽しんでください。
 そして、ちょっぴりの努力や根気は必要です。スポーツジムで筋肉をつけるのと同じ要領です。少しは負荷をかけないと筋肉がつきませんし、かといって負荷をかけ過ぎると身体を痛めてしまいます。少し頑張ればやっていけるという範囲で努力と根気を重ねていく必要があります。そうすることで、私達の限界はさらに広がり、予想外の体験が待っています。
 この本で言いたかったもう一つは、体験は体験にしか過ぎないということです。何度も言っています。
 亡くなった人に会う、ガイドに会う、宇宙旅行をする、そうしたすばらしい体験は心が躍ります。だからこそ、そうした体験が今の自分の人生に活かされているかどうかがとても大切だと思います。私はそのことを常に自分に問い続けていたいと思っています。今の人生が一番大切だからです。
「悟り」は、瞑想や禅を実践している人が目指す境地です。厳密には宗教や宗派によって解釈や目指す場所が違うと思いますが、似た境地だと思います。そして、その境地が「ゴール」だと教えられます。
 私が習っているゾクチェンの瞑想では、すこし違った解釈をします。悟りの境地を体得しても、そこからがようやく「スタート」です。悟りというのは自動車免許で言うと、仮免許が発行されたようなものだそうです。そこから教習所内のコースから出て、実際の道路を走り、本物の歩行者とすれ違い、列車が走る踏切を通過したりして、現実の生活に活かせる運転を学んでいくのです。ゾクチェンの瞑想が目指す境地は悟りを体験することではなく、毎日の日常生活に悟りの意識をもたらすことにあるのだそうです。どんな体験も今の人生に活かしていけてこそ価値のあるものになると思います。
 まえがきにも書きましたが、この本に書かれているのは私の「夢への地図」です。私はその地図を頼りにして様々な経験をしてきました。そしてその地図は日々新しいものに更新されています。目指す当面の目的地が日々進化していきますから。
 ですから、皆さんもどうか自分だけの「夢への地図」を見つけてください。その地図には目的地が示され、その目的地が示す場所には、素晴らしい出会いが待っています。そして、「夢への地図」が実は「現実の地図」だと気がついたとき、人類と地球が共に次のステップを歩むのだと確信します。
 

 

著者紹介

■ 高羽 そら(たかは そら) ■

 

1962年京都生まれ。大学を卒業して転職を重ねながら、主に経理・財務関係の仕事に従事。2008年に京都から神戸に引っ越し、現在は自宅で中小企業の経理・財務事務代行業を営んでいる。
映画鑑賞、読書、音楽鑑賞がエネルギーの源。特に1970年代の洋楽に関しては自他共に認める情報通。
数年前に体外離脱を経験するようになり、現在では300回近い体験記録を残している。趣味は体外離脱、特技は明晰夢で、日課は瞑想。

 

おすすめの本


人生に奇跡を起こすヘミシンク


あきらめない!ヘミシンク


超医療セラピー


激動の時代を生きる英知


ローレン・マッコールの
動物たちと話そう


死の「壁」を超える
スーパー・ラブ

 

 

おすすめのCD


マッサージセラピーやヒーリングのBGMにも流せる ドリーム・キャッチャー


夢を実現させるヘミシンクCD ヘミシンクによる具現化


最高のくつろぎと幸福感から自然な睡眠へ導く ディープ10リラクゼーション


夢をプログラミングし、意識的に夢に参加する方法を学ぶ 明晰夢シリーズ


癒しのプロセスをコントロールする ヘミシンクによる癒しの旅のサポート


死後世界の知識を探求するCD9枚組+書籍 CD版死後探索マニュアル書籍セット

 

 


本書をアマゾンで注文する
ふるさと文庫
ハート出版