長年のうつ病 転職で完治

死の淵から脱出した ある患者の実体験報告

田村 浩二 著 2012.04.17 発行
ISBN 978-4-89295-903-5 C0095 四六並製 176ページ 定価 1944円(本体 1800円)

心の病に挑む 家族を愛するあるサラリーマンの記録

長年のうつ病 転職で完治

私は、昨年をもって退職しました。それから約六か月が過ぎようとしていますが、うつ病の症状は本当になくなりました。
やはり、私のうつ病の根本原因は職場や仕事の内容そのものにあったと実感しています。そして、私の場合は根本原因を取り除くことが、完治への唯一の方法だったと確信しました。
もちろん、転職をし、収入が激減したことによる新たな問題は抱えていますが、現に私は今、死ぬことなく生きていますし、あのまま仕事を続けていたら本当に死んでいたかもしれません。命あっての仕事です。何も仕事のために死ぬことはないと今では思っています。だから、仕事を辞めたことは一切後悔していません。

人間には我慢の限界というものがあると思います。よく「乗り越えられない壁はない」などと綺麗ごとを言う人もいますが、私は少し違っているのではないかと考えています。
人間には向き不向きがあり、やはり、その人には合わないことだってあると思いますし、無理なものは無理なのです。それを、「何が何でも」と無理をするからうつ病になるのです。
中には根本原因がわかっていても、そこからなかなか逃れられない人もいるでしょう。しかし、もしその原因が特定できていて、そしてそこから離れることが可能ならば、私は迷わず離れるべきだと思っています。長年うつ病と付き合ってきて、たどり着いた結論はそういうことでした。
薬も休養ももちろん大事ですが、それだけではうつ病の完治は難しいのではないかと思います。

毎日長時間、苦しみに苦しんで働いていて、いったい何が楽しいのでしょうか。そんな状態で、生きていると言えるのでしょうか。
確かに生きていく上で避けては通れない嫌なこともたくさんありますし、何でもかんでも避けろというつもりはもちろんありません。しかし、せめて生きていく以上、うつ病の原因になるような大きな要因は、可能な限り取り除くべきだと私はこの本で訴えたいのです。

私は今、心から仕事を辞めて良かったと思っています。なぜなら、今もこうして生きていられるのは、仕事を辞めたからです。
「うつ病よ、さようなら!!」

(「まえがき」より)

目次

はじめに

第一章 うつ病が原因で仕事を辞めた
    辞表提出
    辞表撤回
    そして退職
    医師との面談
    退職直後
    周りの反応

第二章 私はなぜうつ病になったのか
    私がうつ病になったホントの理由
    うつ病発症
    二度目の休職

第三章 四〇代無職妻子持ちの就職活動
    最初の就職活動
    トラック運転手
    妻の就職活動
    ハローワークへ
    マッサージ屋
    コンビニオーナー
    タクシードライバー
    就職活動を終えて

第四章 いま、うつ病について思うこと
    私のこれまでの経緯
    人付き合いが煩わしかった自分
    個人の仕事がとても心地よい
    “うつ病になる脳”
    うつ病にどう立ち向かうか、どう付き合うか
    うつ病は薬では治らない
    うつ病なんか吹っ飛ばせ!

おわりに


おわりに

最近、あれほど転職に反対だった妻からこう言われました。
「仕事が変わってから、明るくなったね! 前のようなどんより感が無くなったね。仕事辞めてそれは本当に良かったと思っているよ」
確かに私もそれは実感しています。以前のように人生に絶望感を感じなくなっています。以前は、「ああ、これからも後十五年以上にわたってこの嫌な仕事を毎日こなさなければいけないのか」という強迫的なまでの思いに駆られていましたが、今ではそのような思いからは解放された感じです。
一番身近で私を見ている妻がこう言ってくれたことによって、今では本当に前職場を去って良かったと思っていますし、幾分気が楽になったのも事実です。

何度も繰り返しになりますが、収入は激減どころの話ではなくなってしまいましたが、命あっての仕事です。何も仕事のために死ぬことはない、仕事のために死んでは本末転倒です。まずは生きることが大切だと思います。その上ではじめて仕事があると思います。
これは、仕事だけに限らず何に関しても言えることではないでしょうか。たとえば、子供の命を助けるために親が犠牲になるなどの話なら理解できますが、命を犠牲にしてまでやらなければならないことなんてそんなにあるでしょうか。
何かに固執するあまりに心を病んでしまった方、今一度再考してみてください。それは、本当に命を犠牲にしてまでやらなければならないことですか? 我慢しなければならないことですか?

私は、以前よりも人生を前向きに捉えられるようになりました。
生きていくためにはお金は必要です。でも、そのお金(収入)の源が、訳の分からない税金からいただいているという思いが自分を苦しめていた根本原因でした。
今は、税金ではなく、自分の力でお客様から直接お金を頂戴しています。本文にも書いていますが、その単純な構造が自分には合っているのかもしれません。以前のような固定給ではなくなっていますが、その分、自分で頑張ってしっかり収入を得なければいけないという思いでいます。
(後略)

 

お勧めの書籍