西松 宏(にしまつ ひろし)

 

児童書作家、写真家、フリーランスライター。
1966年生まれ。関西大学社会学部卒業。95年阪神淡路大震災を機にフリーランスライターとなる。週刊誌やスポーツ紙、WEB などで日々のニュースやまちの話題など幅広いジャンルを取材する一方、「人と動物の絆を伝える」がライフワークテーマのひとつ。 主な著書(児童書ノンフィクション)は「犬のおまわりさんボギー ボクは、日本初の“警察広報犬”」、「猫のたま駅長 ローカル線を救った町の物語」(いずれも弊社刊)、「こまり顔の看板猫!ハチの物語」(集英社)など。



(※書籍刊行時の情報です)



著書