池 萬元(チ・マンウォン)

 

1942年生まれ。江原道出身。韓国陸軍士官学校第22期卒業(1966年)、経営学修士(1975年 アメリカ合衆国海軍大学院)、システム工学博士(1980年 アメリカ合衆国海軍大学院)、ベトナム戦争出征(作戦将校)、国防情報本部海外情報募集将校、国防企画計画予算制度導入研究員、国防研究員責任研究委員、陸軍予備役大佐(1987年)、アメリカ合衆国海軍大学副教授(1987-89年)、社会発展システム研究所長、ソウル市市政改革委員(1998-99年)、国家安保政策研究所諮問委員(1998-99年)、現在システムクラブ代表、評論家。
著書に『70万経営体 韓国軍どこへ行くのか』(1991)、『軍縮時代の韓国軍どう変わるべきか』(1991)『北朝鮮の「核」を読む』邦訳(1994、三一書房)、『ONE KOREA?』(1994、アメリカフーヴァー研究所共著)、『シンクロ経営』(1994)、『墜落から跳躍へ』(1997)、『国家改造35か条』(1998)、『システムによる未来経営』(1998)、『北朝鮮―韓国からの極秘レポート』邦訳(1999、ビジネス社)、『北朝鮮と永久分断せよ』邦訳(1999、徳間書店)、『韓国号の沈没―韓国社会の深層分析』(共著) 邦訳(2002、芦書房)、『捜査記録で見る12・12 と5・18』(2008)、『発想の転換のためのActivatorシステム経営』(2009)、『汚辱の赤い歴史済州島四・三反乱事件』(2011)、『5・18分析最終報告書』(2014)、『5・18映像告発』(2016)など。



(※書籍刊行時の情報です)