児童書
犬と猫
ホタル
健康書
精神世界
ヘミシンク本
趣味実用
教育書
文芸書
ふるさと文庫
文庫注文書
ヘミシンクCD
公 募
商品一覧
本を探す
リンク
ニュース
近刊案内
会社案内
書店様向
ハート出版 TOP
お問合せ
動画(youtube)
ふるさと文庫ブログ


商品検索:キーワードを入力してボタンをクリック!


「 私は神! 」をアマゾンでご注文
(クリックしてください)

■ リズ・ブルボー自伝 ■


Je suis DIEU, WOW!

私は神!

あなたを変えるスピリチュアルな発見


あなたの中にも“神”がいるということ
そして、その“神”に不可能はない、
ということを知ってほしいのです。


海水の一滴一滴が「私は海である」と言えるように、
私たち一人ひとりも、「私は神である」と言えるのです。


記録的ベストセラー『〈からだ〉の声を聞きなさい』を著し、
世界20カ国以上でワークショップやセミナーを行う著者が、
真実の幸せと本当の自由を手にれるまでの日々――


リズ・ブルボー著 浅岡夢二訳 2005.11.21 発行  

ISBN 4-89295-526-4 C0011 四六上製・416頁・定価 2052円(本体 1900円)

Je suis DIEU, WOW!

 

はじめに――あなたの中のスピリチュアルな友人

あなたの〈からだ〉は、自分に本当に必要なものを知っています
『私は神!』とは、またなんと、途轍もないタイトルでしょう!
読者の皆様はきっと、「こいつはいったい何様のつもりだろう?」と思われたにちがいありません。でも一方で、神を自称するこのリズ・ブルボーとは、いったいどんな人間なんだろう、とも思われたのではありませんか?
「私は神」という言い方が鼻持ちならないのは、「自分だけが神で、あなた方は神ではない」という意味が込められた時だけです。私が「私は神」と言う時、「私は神、そしてあなた方全員も同じく神です」と言おうとしているのです。
私がこの本を書いたのは、あなたの内なる神があらゆる場所に存在していることを、あなたに知っていただくためです。神は、私たちの内に、いつも生き生きと存在しています。そのことを私たちは知らなくてはなりません。
私の場合、そのことを本当に知るためには、何年ものあいだ探求を続ける必要がありました。その結果、小さい頃からずっと私に起こってきたことは、ことごとく、私の内なる神が引き起こしたものだということが分かったのです。その目的は、「私が、より多くの人を愛せるようになること」でした。
私がごく幼い時から、神は私に、私がいついかなる時も〈愛に生きる〉ことを望んでいること、そして私自身の学びを加速するためにそれを他の人たちに教えるつもりでいることを思い出させようとしました。また、「学び続けるには、先生は同時に生徒であり続けねばならない」、ということも教えてくれました。
この本は、私の幼年期の描写から始まっています。その方が、皆さんにとって、私がどんな人間かを理解しやすいだろうと思ったからです。
次いで、私が実際に経験したさまざまなことについて語り、私の内なる神がどのように外側の世界に現われたかを示そうとしました。
私の心からの願いは、みなさんお一人お一人が、自分自身を受け入れてくださること、つまり自分自身の内なる神を、あらゆる面において受け入れてくださることです。そうすることによって、皆さんが、必ずご自分の聖なる力とコンタクトできるようになるのを知っているからです。
この偉大な力とコンタクトすればするほど、私たちはますますその力を、自分自身の不可分な一部として受け入れられるようになります。そして、その力を、愛の想いとともに力強く――つまり、すべてに役立つかたちで――使うことができるようになるのです。
私は、思い出せる範囲で、できるだけ詳しく自分の人生について語ることによって、読者の皆さんが、自分の内なる神のことを思い出すことができるように協力したい、と強く思いました。
私の出会ったほとんどの人が、私を荘厳な台座の上に祭り上げようとしました。でも私は、ただの人間です。そのことを読者の皆さまに知っていただくために、私は、自分の欲望も、力も、弱さも含めて、すべてを語りました。今日、私に起こっていることは、あらゆる人に起こりうることなのです。
正直に告白しなくてはなりませんが、この冒険的な本を書いている最中に、ためらいと恐れを随所で感じました。私の中のある部分はすべてを語ることを望み、また別の部分は、批判され、裁かれることを恐れました。
差しさわりのないことだけを書く方が、どれほど楽なことでしょうか。そうすれば、読者の皆さんは、「素敵で完璧なリズ」だけを知ることになります。
でも、最終的には、すべてを語ろうとする私の一部が勝利を収めました。私は〈真実〉を語りたかったのです。
したがって、この本では、私が思い出すことのできた〈すべて〉を語りました。単なる事実だけではなく、その事実について私がどのように考えたか、ということも書いてあります。
これまでに出版した本と同様、この本でも、親しげな口調で語ることにしました。あなたのそばに寄り添っていたいからです。私の体験が、自分のことのように思われる箇所もずいぶんあるのではないかと思います。
それぞれの見開きに、太いゴチック体で強調している箇所があります。読み終えた後に、もし何か必要を感じた時は、どこでもいいですから好きなところを開いて、その強調した箇所を読んでみてください。きっと、その日必要としているメッセージがそこにあるはずです。あるいは、あなたのその時の疑問に対する答えがあるかもしれません。
もし、特に解決したい問題があるのなら、目をつぶって本を開いてみてください。あなたの内なる神が、その時あなたが最も必要としている箇所に導いてくれるはずです。
それでは楽しく読んでください。この本を読むことよって、あなたが内なる神とコンタクトできるようになりますように心から祈っています。
あなたを愛しています。
  

リズ・ブルボー  



 

目 次

はじめに――あなたの中のスピリチュアルな友人


第一章 少女時代──人生を左右する〈決心〉の日々

第二章 思春期──夢をかなえる〈信じ方〉がある!

第三章 仕事と生きがい、その本当の意味

第四章 お金が教えてくれたこと

第五章 セクシャリティを受け入れる──リズ・ブルボーの失敗と成功

第六章 からだの声を聞きなさい

第七章 〈ありのままの自分〉であるために


おわりに――〈幸せ〉という名の美しい贈り物

 

おわりに――〈幸せ〉という名の美しい贈り物

私はこの本を書くことで、自分に途轍もない贈り物をしました。この本を書くには一年以上かかりました。書き終わった時には、最初の予定からページ数が二倍に増えていました。そして、この一年間で、それに先立つ一〇年間と同じくらい気づきのレベルが上がりました。
この自叙伝を書くためには、それぞれの出来事について述べるたびに、自分の心の最も深いところまで降りて行って、自分がその頃に感じていたことを確認しなければなりませんでした。そのおかげで、心の大掃除ができたのです。
この作業を通じて、私の〈内なる男性〉がどれほど私を愛してくれているか、ということを知ることができました。書きながら、私が人生で出会ったすべての男性がどれほど私を愛してくれ、そして今もなお愛してくれているかを確かめることができたのです。すべての男性が私に向かってこう言ってくれていたのです。「いつになったら君は、僕がこんなに君を愛していることに気づくんだい?」
彼らは私の内なる男性の反映でした。私はごく小さい時から、この内なる男性に本当に多くのことを要求してきました。しかし、それにもかかわらず、私の内なる男性は、私に奉仕することをやめなかったのです。それでも、私は絶えず、彼に対して素っ気なくし続けてきたのでした。
私は今では私の心の奥底で多くの愛を感じることができます。男性たちとのコンタクトの仕方がまったく違ったものとなったのです。なんという美しい贈り物でしょう!
最後に、読者の皆さんに次のアドバイスをさせていただきたいと思います。
この私の自伝を読んで、いやだなと感じたところ、素敵だなと感じたところをすべてノートに書き写してください。そして、それを、あなたが抑圧または拒絶している自分の側面を自覚するために使っていただきたいのです。抑圧または拒絶してきた側面を明るみに出すのです。そうすれば、あなたは必ず幸福という果実を収穫できます。
ありのままの自分を、まるごと愛してください。そして、次のように言うことを自分に許すのです。

〈私は神!〉


 

著者紹介

■ リズ・ブルボー(Lise Bourbeau) ■

 

1941年、カナダ、ケベック州生まれ。いくつかの会社でトップセールスレディとして活躍したのち、自らの成功体験を人々と分かち合うためにワークショップを開催。現在、20カ国以上でワークショップや講演活動を行なっている。肉体のレベル、感情のレベル、精神のレベル、スピリチュアルなレベル、それぞれの声に耳をすますことで〈心からの癒し・本当の幸せ〉を勝ち取るメソッドは、シンプルかつ具体的なアドバイスに満ちており、その著書は本国カナダであらゆる記録を塗りかえる空前のベストセラーとなった。

著書
「〈からだ〉の声を聞きなさい」
「〈からだ〉の声を聞きなさい2」
「私は神!」
「五つの傷」
「〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A」
「自分を愛して」
「あなたは誰? 」
「LOVE LOVE LOVE〈受け入れる〉ことですべてが変わる」
「〈からだ〉に聞いて 食べなさい」
「お金と豊かさの法則」
「官能とセクシャリティ」

 

■ 翻訳者・浅岡夢二(あさおか・ゆめじ) ■

 

1952年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業。明治大学大学院博士課程を経て中央大学法学部准教授。専門はアラン・カルデック、マリ・ボレル、リズ・ブルボーを始めとする、フランスおよびカナダ(ケベック州)の文学と思想。現在、人間の本質(=エネルギー)を基礎に据えた「総合人間学(=汎エネルギー論)」を構築中。フランス語圏におけるスピリチュアリズム関係の文献や各種セラピー・自己啓発・精神世界関連の文献を精力的に翻訳・紹介している。訳書に 「ジャンヌ・ダルク 失われた真実」「〈からだ〉の声を聞きなさい」「〈からだ〉の声を聞きなさい2」「私は神!」「五つの傷」「〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A」「自分を愛して」「あなたは誰? 」「LOVE LOVE LOVE〈受け入れる〉ことですべてが変わる」「〈からだ〉に聞いて 食べなさい」「お金と豊かさの法則」「光の剣」 「官能とセクシャリティ」 (ハート出版)など多数。
著書に、『フランス文学と神秘主義』『ボードレールと霊的世界』がある。

 

読者の声 ニュース

 

おすすめの本


シルバーバーチのスピリチュアルメッセージ


シルバーバーチのあらたなる啓示


誰でもヘミシンク


〈からだ〉の声を聞きなさい2


〈からだ〉の声を聞きなさい


人はなぜ生まれいかに生きるか

 

 


本書をアマゾンで注文する
ふるさと文庫
ハート出版