児童書
犬と猫
ホタル
健康書
精神世界
ヘミシンク本
趣味実用
教育書
文芸書
ふるさと文庫
文庫注文書
ヘミシンクCD
公 募
商品一覧
本を探す
リンク
ニュース
近刊案内
会社案内
書店様向
ハート出版 TOP
お問合せ
動画(youtube)
ふるさと文庫ブログ


商品検索:キーワードを入力してボタンをクリック!


「 〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A 」をアマゾンでご注文
(クリックしてください)

■ リズ・ブルボーの本 ■


Collection ECOUTE TON CORP
Lise Bourbeau respond a vos quesrtions sur :LES RELATIONS INTIMES

〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A

[大切な人との関係]編


出会い、恋愛、そして結婚――
人が愛し合い、ともに暮らすことの
本当の意味を見つけてください。


本国カナダで数々のベストセラー記録を塗りかえ
世界各国で愛されている〈幸せ〉のバイブルに
Q&Aシリーズ登場

Questions and Answers
夫が私の生き方を理解してくれない
浮気した妻をどうしたら許せる?
恋人からの愛は本物?
異性とつきあうのが怖い
夫ときちんと話し合うことができない
二人の男性を同時に愛してしまったら?
夫がなぜ自殺したのか分からない
本当の親密な関係とはどんなもの?


リズ・ブルボー著 浅岡夢二訳 2007.04.28 発行  

ISBN9784892955594 C0011 四六上製・224頁・定価 1404円(本体 1300円)

 

はじめに──あなたが喜びの中で生きるために

〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A
  本書は、さまざまなテーマを扱った『〈からだ〉の声を聞きなさい Q&A』シリーズの最初の一冊ということになります。この本は、このシリーズに含まれる他のすべての本と同様、私の講演やセミナーの際に、みなさんから私に対してなされた質問に基づいて作られました。また、このシリーズは、すでに刊行されている私の著書で取り扱った考え方を、みなさんに実生活で応用していただくために作られました。

この本を本当に生かすためには、まず質問の部分だけを読み、次に自分自身でその質問に対する回答を考え、それから私の回答を読むようにしてください。

この本をお読みになると、男性からの質問よりも女性からの質問の方が多いことに気づかれるでしょう。それは充分予想されることでした。というのも、私の講演やセミナーに出席されるのは、女性の方が多いからです。
自分の内面の探求をするように誘うのは、それが私たちの内なる女性原理だからでしょう。でも、ほとんどの質問が、男性からされても、女性からされても、ぜんぜん不思議ではない内容のものです。
性的な問題に関する質問もたくさんあったので、それらはまとめて別の本に収録しました。
コミュニケーションと誠実さに関する質問も多くあります。コミュニケーションの問題は、良好な関係を築いて維持するのにとても大事な要素なので、この本の回答の中にしばしば登場します。
あなたは次のように思うかもしれません。「コミュニケーションをうまくするにはどうすればいいのだろう? 二人が、同じ瞬間にコミュニケーションをしたいと思っていることを確かめるにはどうすればいいのだろう?」そうしたことに関しては、「コミュニケーションと誠実さ」というテーマの本をこれから執筆する予定でいます。
この本に載っている質問のいくつかは、他の本にも登場していますが、それは、一つの質問がいくつかのテーマを含んでいるからです。たとえば、愛とコミュニケーションと罪悪感の問題を、同時に含んだ質問がありうることはお分かりいただけるでしょう。
回答はすべて、私が運営する〈ETC(ECOUTE TON CORPS)センター〉において教えられている、すでに実証済みの考え方に基づいてなされています。とはいっても、それが万能の回答だとは申しません。ただ、「この解決方法は私が欲しかったものではない」とおっしゃる前に、少なくとも三回はそれを試してみてください。どうか、単に頭だけで判断しないようにお願いします。左脳が作り出した〈恐れ〉に基づいて判断するのではなく、あなたの〈ハート〉で判断するようにしてください。
あなたが過去に学んできたことをいくら使っても、現在あなたが遭遇している問題を解決することはできません。なぜなら、現在の問題を生んでいるのは、その〈あなたの過去〉だからです。
あなたは成長して進化したいのではありませんか? だとしたら、新しい経験をしなければなりません。
心からあなたの幸運を祈ります。

  

愛をこめて  あなたのリズ・ブルボー  



 

目 次

はじめに──〈ハート〉で判断する新しい経験のすすめ

夫が何でも自分一人で決めてしまう
夫への愛が冷めてしまった
魂の進化に関心を持たない妻
夫が私を独占して支配しようとする
相手が自分を映す鏡だとは思えない
夫が子どもの教育に興味を示さない
姑が自分を認めてくれない
夫が他人を批判してばかりいる
自分自身とケンカしない方法は?
夫と話をしようとすると、すぐ口論になってしまう
また、別れた夫と同じような男性と再婚してしまうの?
夫がお金の心配ばかりする
どうして「恋に落ちる」という言い方をするの?
浮気が確実な夫と、どう接すればいいの?
自分の気持ちはすべて配偶者に打ち明けるべき?
出会う男性がみんな、別れた夫と同じタイプ
女性と特定の関係を持つのが恐い
妻が高価なものばかり買うので困る
夫が私を軽蔑・批判してばかり
私がいなくなると、夫はきっとダメになる
「結婚すべきではなかった」と夫が言う
不幸な出来事が続き、恋愛するのが怖くなった
私の進化・成長を夫に受け入れさせたい
夫の行動が、いやでたまらない
夫が自殺した理由が分からない
私には優しくしてくれる人が誰もいない
結婚が時間とともにうまくいかなくなるのはなぜ?
権威主義的な夫と、どう会話すればいいの?
お金のために、良くないことをする夫
自分の夢と相手の夢が一致しない
子どもと夫を家に残して外出すると罪悪感を感じる
アルコール中毒の夫と良い関係を築くには?
夫婦関係を改善したいのに妻が協力してくれない
暴力的な彼と、どうしても別れられない
お互いの話をじっくりと聞くためには?
相手に合意できないときは、どう対処すればいいの?
夫が不在がちなので、同僚の男性と…
何をしても喜びを感じない夫
相手の幸・不幸に対する責任とは何ですか?
私がアドバイスをすると、すぐに腹を立てる夫
マザコンの彼と、どう付き合えばいいの?
出かけようとすると妻がいやがらせをする
お互いの期待や要求に応えられない
私が自分のことを語ろうとすると夫が拒否する
夫が働きすぎで、一緒にいる時間がない
セミナーに通うことに罪悪感を感じる
妻がみんなの前で私を侮辱する
どこでも居眠りする夫が、いやでたまらない
夫が広場恐怖症なので一緒に旅行に行けない
私に依存する妻に困っている
専業主婦でもいいのでしょうか?
ボーイフレンドと父親を比較してしまう
夫が私と話をしたがらない
年々、自分に対する自信がなくなっていく
結婚の意味とは何ですか?
ドメスティック・バイオレンスにどう対応するべき?
二人目の夫もアルコール中毒。これはカルマ?
うつ病の夫と、どう暮らしていけばいいの?
離婚に踏み切るタイミングは?
夫といると自分のエネルギーを奪われる
あなたの教えが最良だという証拠はあるの?
私の恋人は私のカラダだけが目当て?
相手に支配されない夫婦関係とは
夫が絶対に自分を変えようとしない
お金に対する考え方が夫婦でまったく逆の場合
ストレスからパニック状態になる夫
夫が新しい洋服を買いたがらない
私はきれい好き。夫はだらしない
酔って帰ってくる夫を許せない
自分より劣っている夫と暮らすには?
あなたは離婚を後悔していないの?
私がセミナーに出ることが、夫にとって不満
もう愛はない。あるのは執着だけ
夫の生き方を変えたくてしかたがない私
妻が反対すると、私は意見が言えなくなる
子どもより夫を優先させるには?
浮気した夫と、やり直したい
夫のことは好きだが、二人には共通点がない
息子とは、まるで夫婦みたいに感じる
一日に何度も「僕を愛してる?」と聞く夫
仕事以外の時間は、ずっと夫と過ごしたいのに
私の両親を悪く言う夫をどうすればいいの?
夫に感じるのは、もう友情だけ
浮気した妻を許し、愛し続けたい
仕事のことしか頭にない夫
前の夫と現在の夫、どちらも好きになれない私
相手の容姿が、どうしても受け入れられない
夫婦ゲンカが始まると、すぐに逃げ出してしまう夫
夫のある私が、若い学生と恋をして… 
間違うのが恐くて決断することができない
妻から拒絶されるのが怖い
夫が仕事で失敗し、お金に困っている
夫と一緒にセックスを楽しみたい
夫の自由と独立を認めなければならないの?
ソウルメイトって本当にいるの?
聖書で離婚が禁じられているのなぜ?
同時に二人の男性を愛することは可能?
夫が私の服装や髪型にいちいち文句をつける
夫が失業し、借金をすることに
ドラッグをやめてくれない夫
妻よりも娘を大切にする夫
夫がいつも私の誕生日を忘れる
妻を家に残して友人と旅行するのは自分勝手な行為?
専業主婦の私は、まるで夫の召使い
私は妻の話を聞くのに、妻は私の話を聞いてくれない
結婚から一七年。「君を愛したことはない」と言う夫
ロマンティックな情熱がなくなっても
本当に愛し合う関係を維持するには

おわりに──愛に満たされて〈いま〉を生きる


 

著者紹介

■ リズ・ブルボー(Lise Bourbeau) ■

 

1941年、カナダ、ケベック州生まれ。いくつかの会社でトップセールスレディとして活躍したのち、自らの成功体験を人々と分かち合うためにワークショップを開催。現在、20カ国以上でワークショップや講演活動を行なっている。肉体のレベル、感情のレベル、精神のレベル、スピリチュアルなレベル、それぞれの声に耳をすますことで〈心からの癒し・本当の幸せ〉を勝ち取るメソッドは、シンプルかつ具体的なアドバイスに満ちており、その著書は本国カナダであらゆる記録を塗りかえる空前のベストセラーとなった。

著書
「〈からだ〉の声を聞きなさい」
「〈からだ〉の声を聞きなさい2」
「私は神!」
「五つの傷」
「〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A」
「自分を愛して」
「あなたは誰? 」
「LOVE LOVE LOVE〈受け入れる〉ことですべてが変わる」
「〈からだ〉に聞いて 食べなさい」
「お金と豊かさの法則」
「官能とセクシャリティ」

 

■ 翻訳者・浅岡夢二(あさおか・ゆめじ) ■

 

1952年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学科卒業。明治大学大学院博士課程を経て中央大学法学部准教授。専門はアラン・カルデック、マリ・ボレル、リズ・ブルボーを始めとする、フランスおよびカナダ(ケベック州)の文学と思想。現在、人間の本質(=エネルギー)を基礎に据えた「総合人間学(=汎エネルギー論)」を構築中。フランス語圏におけるスピリチュアリズム関係の文献や各種セラピー・自己啓発・精神世界関連の文献を精力的に翻訳・紹介している。訳書に 「ジャンヌ・ダルク 失われた真実」「〈からだ〉の声を聞きなさい」「〈からだ〉の声を聞きなさい2」「私は神!」「五つの傷」「〈からだ〉の声を聞きなさいQ&A」「自分を愛して」「あなたは誰? 」「LOVE LOVE LOVE〈受け入れる〉ことですべてが変わる」「〈からだ〉に聞いて 食べなさい」「お金と豊かさの法則」「光の剣」 「官能とセクシャリティ」 (ハート出版)など多数。
著書に、『フランス文学と神秘主義』『ボードレールと霊的世界』がある。

 

ニュース

 

読者の声

 

おすすめの本


スピリチュアル・パワーアップ・レッスン


天国の子どもたちから


私は神!


〈からだ〉の声を聞きなさい2


〈からだ〉の声を聞きなさい


直観力レッスン

 

 


本書をアマゾンで注文する
ふるさと文庫
ハート出版