児童書
犬と猫
ホタル
健康書
精神世界
ヘミシンク本
趣味実用
教育書
文芸書
ふるさと文庫
文庫注文書
ヘミシンクCD
公 募
商品一覧
本を探す
リンク
ニュース
近刊案内
会社案内
書店様向
ハート出版 TOP
お問合せ
動画(youtube)
ふるさと文庫ブログ


商品検索:キーワードを入力してボタンをクリック!


「 「臨死体験」を超える死後体験V 」をアマゾンでご注文
(クリックしてください)

誰でも好奇心さえあれば、
時間と空間を超えた異次元世界を
安全に探索できる――
ヘミシンク
モンロー研究所ヘミシンク



『ヘミシンク体験セミナー』『モンロー研究所ツアー』

アクアヴィジョン・アカデミー(←検索サイトで検索してみてください)

電話0476-73-4114 FAX:0476-73-4173
へお問い合せください。


■ 「臨死体験」を超える ■


死後体験V

宇宙の向こうには、さらに無数の宇宙があった!


意識の進化とは?
近未来の人類とは?
さらなる探求で見えた驚愕の世界

宇宙には人類と類似の生命体が多数存在する
地球以外の星で滅亡してしまった文明がある
近い将来、人類は二つのグループに分かれる


ヘミシンク(Hemi-sync)技術とは?

ロバート・モンローが開発した音響技法で、左右の脳半球を同調させ、脳を「集中した全能状態」へと導き、人間の意識の覚醒状態から変性意識状態へもっていくことができるというもの。こうなると意識が肉体から離れた状態(体外離脱)も、さらには死者のとる意識も可能となり、死後の世界も自由に探索することができるという驚異的な手法。


坂本政道 著 2005.01.14 発行  

ISBN 4-89295-506-X C0011 四六上製・224頁・定価 1620円(本体 1500円)

 

はじめに

「臨死体験」を超える死後体験3

 ロバート・モンローの開発したヘミシンクは死後世界探訪を可能とする。この音響技術を使えば、人が死後にいく種々さまざまな世界を隈なく見てまわることができる。
 思えば我々人類は人間死んだらどうなるかについて遥かな過去から不毛の議論を続けてきた。おそらく人類の歴史と同じくらいの長さにわたって議論してきたのではないか。
 今、ヘミシンクはそれに終止符を打つ。もうそういう議論に時間を浪費する必要はないのだ。死後の実在を体験を通して明らかに知ることができるのだから。
 大切なことは、そこを土台としてさらに大きく飛翔することである。死後世界探訪に留まらず、非物質界というさらに大きな未知領域の探究に足を踏み入れるのである。ヘミシンクはそれをも可能とする。
 そうすれば、自分を遥かに凌駕する高次の精神存在たちと交信して、その智恵の一端を授かることもできる。自分の過去世を知り、そこに起因するトラウマを癒すこともできるだろう。宇宙内を探索して数々の生命存在を知ることや、そこに溢れる生命エネルギーを体験することも可能となるだろう。
 具体的な体験については『死後体験』、『死後体験U』(ともにハート出版)に記した私自身の体験を参考にしていただければ幸いである。ただし、これで探究が終わったわけでは決してない。というのは、非物質界は広大で、未知領域は無限に広がっているからである。私はそのごく一部を垣間見たに過ぎない。
 本書『死後体験V』は、そういう意味で、未知領域をさらに探究した結果を記したものである。本書を通して新たに明らかになったことも多いが、さらなる疑問も生まれてきた。その解明は次なる探究を必要としている。
 今回明らかになったことのひとつに、宇宙は我々の宇宙だけではないということがある。無限とも思えるほど多くの宇宙が存在するのだ。我々の宇宙から抜け出ることで、それを見ることができるのである。これは驚くべき体験だった。
 こういう宇宙に比べて、人とはいかにも小さな存在だということである。でも、そういうことを知ることができるのも人間である。その意味で人間は宇宙よりも大きな存在たりうるのである。
 今、時代は大きく変わろうとしている。
 その変化の激流の中で、人は大きくふたつに分かれていくだろう。旧来の価値観に固執し続ける人と、変化の流れを敏感に感受し、その流れに乗っていく人である。
 この変化の奔流はだれも止めることができない。この怒濤のような流れの中、どう対応するかは実に各個人次第である。
 それに怯え、安全だと思える従来の価値観の牢獄へとまっしぐらに飛び込みそこに安住するか、あるいは、心を開き軽やかな風に乗って自由な身へと飛翔するかである。
 だれも強制することはできない。どうするかはあなた次第である。
 

 

目 次

はじめに

第 一 章  私は超能力者ではない
第 二 章  二回目のスターラインズ・プログラム
第 三 章  フォーカス42
第 四 章  フォーカス49
第 五 章  さらなる探究
第 六 章  情報のダウンロード
第 七 章  タイムライン・プログラム
第 八 章  過去世へ
第 九 章  2020年の世界
第 十 章  スタジアムとトータルセルフ
第十一章  人生回顧
第十二章  時代考証
第十三章  フォトンベルトの虚実

あとがき

参考文献&ウェブサイト


 

あとがき

 これまでモンロー研で開催されるいくつものプログラムに参加してきて、さまざまな英知を得ることができた。が、同時に、同じくらいの多くの疑問も新たに生まれてきていた。今回、スターラインズとタイムラインの両プログラムに参加し、そのうちのいくつかに対して解を得ることができた。
 それらは、
● 以前フォーカス15で見た宇宙ステーションはトータルセルフだった。
● フォーカス35で以前行ったスタジアム状の場所も同様にトータルセルフだった。
● ゲートウェイでもらった2番目に重要なメッセージの持つ意味は、あの場所は過去世で 僧侶だった自分が一生を過ごして修行した場所だった。
 である。
 また、今回のスターラインズで多くのことを学んだが、それらを列挙すると、
● 宇宙には人類と類似の生命体が多数存在する。
● 異なる形態の生命も多く存在する。
● 高度に発達した地球型文明が地球以外でも存在する。
● 地球以外の星で滅亡してしまった文明がある。

 タイムラインで学んだことは、
● フォーカス15でトータルセルフにアクセスできる。
● そこへ行くと、さまざまな過去世が体験できる。
● トータルセルフは個人的にはスタジアムという形に見える。そのスタンドの部分にはそれぞれの過去世の情報が個別に蓄えられている。

 以上のように、この二つのプログラムで数々の体験をしたが、その中で、特筆すべきことは、次の二点である。
 まず、宇宙はこの宇宙だけではなかったということを体験したことである。宇宙は無限と言っていいほど数限りなくある。これは現代物理学が予言していることと一致する。
 今までにこれを体験したことがある人は一体何人いるだろうか。
 宇宙が無限個存在すると頭で想像することはできる。実際、物理学者たちはそうしている。
 ただ、これを想像するのと見るのは違う。百聞は一見に如かずと言う。見るということの持つ意義は大きいのである。
 特筆すべき第二点目は、ギリシャ・エジプト時代に僧であったときの自分について知ったことが挙げられる。彼は私のガイドたちの中でリーダー的な立場をとっている。どうして私は子供のころから宇宙の真理を知りたかったかわかった。多分にこの僧の影響を受けているのである。彼は精神の純粋性ということを体得した。私もいずれここに達するのだという。  ただ、まだ、未解決の大きな問題もある。
 それは武将だった過去世で、体験を封印して心の中に閉じ込めていることである。その全貌が今回だいぶ明らかになったが、まだ解放するには至っていない。今後の課題として残される。

 

著者紹介

■ 坂本政道(さかもと まさみち) ■

 

モンロー研究所公認レジデンシャル・ファシリテーター
(株)アクアヴィジョン・アカデミー代表取締役
1954年生まれ。
1977年東京大学 理学部 物理学科卒。1981年カナダトロント大学電子工学科 修士課程終了。
1977年〜87年、ソニー(株)にて半導体素子の開発に従事。
1987年〜2000年、米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーSDL社にて半導体レーザーの開発に従事。
2000年5月、変性意識状態の研究に専心するために退社。
2005年2月、ヘミシンク普及のため(株)アクアヴィジョン・アカデミーを設立。
著書に「体外離脱体験」(たま出版)、「超意識 あなたの願いを叶える力」(ダイヤモンド社)、「人は、はるか銀河を越えて」(講談社インターナショナル)、「体外離脱と死後体験の謎」(学研)、「楽園実現か天変地異か」「屋久島でヘミシンク」「地球のハートチャクラにつながる」(アメーバブックス新社)、「5次元体験の衝撃」(徳間書店)「バシャール × 坂本政道」(ヴォイス)、「宇宙のニューバイブレーション」(ヒカルランド)、「死後体験」「死後体験2」「死後体験3」「死後体験4・2012人類大転換」「絵で見る死後体験」「ヘミシンク入門」「2012年目覚めよ地球人」「分裂する未来」「アセンションの鍵」「ピラミッド体験」「あなたもバシャールと交信できる」「東日本大震災とアセンション」「増補改訂・死の「壁」を超えるスーパー・ラブ」「激動の時代を生きる英知」(ハート出版)、監修、監訳書に「死後探索1 未知への旅立ち」「死後探索2 魂の救出」「死後探索3 純粋な無条件の愛」「死後探索4 人類大進化への旅」「ロバート・モンロー『体外への旅』」「死後探索マニュアル」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave I ディスカバリー(発見)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave II スレッショルド(境界点)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave III フリーダム(自由)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave IV アドベンチャー(冒険)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave V エクスプロアリング(探索)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave VI オデッセイ(旅)」「ガイドとの交信マニュアル」「全脳革命」「人生に奇跡を起こすヘミシンク」(ハート出版)、CD、DVDに「あなたもバシャールと交信できる(CD)」「DVD版ピラミッド体験」(ハート出版)などがある。

最新情報については著者のウェブサイト「体外離脱の世界」とアクアヴィジョン・アカデミーのウェブサイトに常時アップ。

 

ニュース

 

読者の声

 

おすすめの本


死後体験


誰でもヘミシンク


CDブック・
シルバーバーチは語る


死後体験2


新装版・精神病は
病気ではない

あなたもバシャールと交信できる
あなたもバシャールと交信できる

 

 


本書をアマゾンで注文する
ふるさと文庫
ハート出版