児童書
犬と猫
ホタル
健康書
精神世界
ヘミシンク本
趣味実用
教育書
文芸書
ふるさと文庫
文庫注文書
ヘミシンクCD
公 募
商品一覧
本を探す
リンク
ニュース
近刊案内
会社概要
書店様向
ハート出版 TOP
お問合せ
動画(youtube)
ふるさと文庫ブログ


商品検索:キーワードを入力してボタンをクリック!


「 死後探索3 純粋な無条件の愛 」をアマゾンでご注文
(クリックしてください)

誰でも好奇心さえあれば、
時間と空間を超えた異次元世界を
安全に探索できる――
ヘミシンク
モンロー研究所ヘミシンク



『ヘミシンク体験セミナー』『モンロー研究所ツアー』

アクアヴィジョン・アカデミー(←検索サイトで検索してみてください)

電話0476-73-4114 FAX:0476-73-4173
へお問い合せください。


■ モンロー研究所のヘミシンク技術が可能にした ■


死後探索3

純粋な無条件の愛


数々の宇宙と人間の謎が解き明かされる
もはや「天国」や「地獄」といった表現では
説明できない「死後世界」の実体

エンジニアがさらなる未知領域で体験した「事実」とは。
そこで未だかつてない、筆舌に尽くせない感動的な「愛」に遭遇した

誰もが訪れる「死」の彼方には何があるのか?
好奇心の旺盛なモーエンは肉体を離れ、新たな領域を旅する。
そこで目撃し観察し、理解を深めたものは…


ヘミシンク(Hemi-sync)技術とは?

ロバート・モンローが開発した音響技法で、左右の脳半球を同調させ、脳を「集中した全能状態」へと導き、人間の意識の覚醒状態から変性意識状態へもっていくことができるというもの。こうなると意識が肉体から離れた状態(体外離脱)も、さらには死者のとる意識も可能となり、死後の世界も自由に探索することができるという驚異的な手法。


ブルース・モーエン 著 坂本政道 監訳 塩ア麻彩子 翻訳 2007.04.11 発行  

ISBN 9784892955563 C0011 432頁・定価 1944円(本体 1800円)


 

プロローグより

死後探索3

 ほんの五〇〇年ほど前、クリストファー・コロンブスやフェルディナンド・マゼランのような航海者たちが、新世界の存在を明らかにした。その新世界は、人類が抱いていた「地球は平らだ」という信念の彼方に、常に存在していたのだ。また、ほかの探検家たちは、しばしば現地在住のガイドに案内されながら、かつて大いなる未知の領域だったところについて、その驚異や広大さを地図に書き記した。その後、新世界の存在を知ったことで、世界の果ての奈落にまつわる恐怖から解放された人たちが大勢、船に乗ってやってきた。彼らは、いつの日か完璧な自由のうちに暮らせるという、望みを抱いてやってきたのだ。
 一九五〇年代後半、ロバート・A・モンローという、もうひとりの航海者が、自然に体外離脱を経験するようになった。彼は最初、自分が死にかけているのではないかと思い、恐怖に襲われた。しかしその恐怖を克服した後、モンローは非物質的な世界の探索を開始した。ボブ(ロバートの愛称)・モンローは確かに、物質世界の彼方における人間存在を探索した初めての航海者というわけではなかった。しかし、彼はそういう航海者のひとりであり、私の知っていた人物だった。かつてのコロンブスやマゼランのように、モンローは死ぬまでの間に、自らが発見した新世界について海図や地図を作成した。ボブのテクニックを利用して、大いなる未知の境界線をさらに遠くへ押しやってきた探検家は数多く、私もそのひとりだ。私たちは、住人のいる新世界を発見した。死の彼方には常に、人々が住んでいたのだ。モンローは今では死後の世界の住人となっており、現地在住のガイドとして私たちを案内し、死後世界の驚異や広大さを見せてくれている。
 私たちが抱く死への恐怖は、物質世界の水平線の彼方に何が存在するのかという「知識」を得れば解消される。読者のあなたに知っていただきたいのだが、「死後の世界とはどんなところなのか」ということについて、誰か他人の言葉を受け入れる必要はないのだ。あなたはご自身で「向こう」を探索し、自分の直接の経験によって学ぶことができるのだ。あなたは「向こう」で、希望だけでなく知識も見いだせるかもしれない。私が死ぬ前にどうしてもお伝えしておきたいメッセージとは、あなたが死後の世界に向けて船出するとき(みな誰でもいつかはそうする時が来るが)、完全な自由のうちに生きるチャンスがあるということなのだ。
『純粋な無条件の愛』は、「死後探索」シリーズの三作目であり、引き続き死後世界の探索についてご紹介するものだ。私は、一九九二年にモンロー研究所が提供する六日間の滞在型プログラム、ライフラインに参加したときから、この探索を開始した。ライフラインは、参加者たちに「救出」の練習をさせることによって、死後世界の探索方法を教えている。「救出」とは、死んだばかりの人たちが、死の状況や死ぬ前に抱いていた信念のせいで、道に迷ったり囚われてしまったりしているのを見つけ出し、援助することだ。シリーズの最初の二冊、『未知への旅立ち』と『魂の救出』を読めば、私がどのようにして基礎的な技術を身に付けたのか、おわかりいただけるだろう。あなたが今手にされている三冊目では、私がその基礎をはるかに超越した探索方法をどう学んだのかが明らかになる。
『魂の救出』は、コーチがいなくなったところで終わっていた。コーチは、非物質的な私自身の一部で、ある人たちが「ガイド」と呼ぶような存在だ。彼は友人であり、私の探索に手を貸して、死後世界について学びを深めていくのを助けてくれた。一九九五年十二月、私は親しい友人の父親であるジョーを救出し、それが「パンキーの経験」と呼ぶものにつながった。この経験によって、人間が死後も確かに存在するということについて、私がずっと抱いてきた疑いが、ついにすべて解消したのだ。「パンキー」から二日とたたないうちに、友人のコーチが消えてしまった。ほんの短い間、新しいガイドと接触できるかと思われたが、やがてそのガイドもいなくなってしまった。私はひとりきりで見捨てられたように感じ、憂鬱の境界をさまよっては、失ったものを一ヶ月以上も嘆き続けた。
 しかし私は、その何週間か前に、モンロー研究所の最新プログラムであるエクスプロレーション27に参加を申し込んでいた。エクスプロレーション27は、その誕生に際して、ロバート・モンローが生前に手を貸した最後のプログラムだ。このプログラムは、死後の領域であるフォーカス27の探索をさらに推し進め、救出活動によって可能になる以上のところまで到達させる、と銘打たれていた。また、フォーカス34/35を探索する、という説明もあった。それは、モンローが二冊目の著書『魂の体外旅行(Far Journeys)』(邦訳 日本教文社刊)の中で「大集合(ギャザリング)」として言及していた意識レベルであり、ここでは、私たちの宇宙のうち他の領域から来ている知的生命体たちとのコンタクトが可能になるということだった。コーチが消えてしまう前には、私は新たな水平線の彼方へ航海するという見通しにワクワクしていた。しかしコーチが消えた後では、何にも、たいして興味をひかれなくなってしまった。二ヶ月の間、私は非物質界で何のコンタクトもできなかった。しかし、エクスプロレーション27が始まる二週間ほど前になって、もしかするとそのプログラムで新しいガイドに会えるのではないか、と考え始めた。そのプログラムによって、自分自身のより大きな部分と再接続が可能になり、ふたたび完全な自分を取り戻せるのではないかと期待しつつ、私はそのプログラムに臨んだのだ。
 本書は「死後探索」シリーズの三作目にあたるので、読者の見慣れない用語もいくつか登場するかもしれない。付録Cの用語解説には、その多くが収録されている。見慣れない用語に出会うときには、付録Cを見て、説明と定義を探していただきたい。もちろん、さらによく理解するには、シリーズの最初の二作『未知への旅立ち』と『魂の救出』をお読みいただくのがいいだろうと思う。
 

 

目 次

      プロローグ

      第1章 出帆
      第2章 純粋な無条件の愛
      第3章 エド・カーター、そしてボブの古い約束
      第4章 フォーカス27のモンロー研
      第5章 エントリー・ディレクター
      第6章 癒し・回復センター
      第7章 教育センター
      第8章 調整する知性たち
      第9章 計画センター
      第10章 地球の核のクリスタル
      第11章 始まり――地球の歴史
      第12章 ETとのコンタクト
      第13章 第二ギャザグループ、最初のコンタクト
      第14章 第二ギャザグループ、二度目のコンタクト
      第15章 考察
      第16章 ねえボブ、この人は誰なんですか?
      第17章 多次元の統合
      第18章 エクスプロレーション27、ふたたび
      第19章 向こうのサブリナ
      第20章 本質
      第21章 デジャヴ
      第22章 エド・カーターを訪ねる
      第23章 マルチ・ロケーション
      第24章 第二ギャザグループとの再会
      第25章 最後のコンタクト
     
     エピローグ

 付録A 「地球の核のクリスタル」の科学
 付録B エクスプロレーション27の誕生〈フランシーン・キングによる回顧録〉
 付録C 用語解説




 

著者紹介

■ ブルース・モーエン ■

 

ブルース・モーエンは、ファロン夫人と共にフロリダ州セーフティ・ハーバーで暮らしている。非物質的なものへの好奇心から、死後の世界の探索を開始し、その経験が「死後探索」シリーズで紹介されている。著作は「未知への旅立ち」「魂の救出」「純粋な無条件の愛」「人類大進化への旅」「死後探索マニュアル」の5冊。CDに「CD版死後探索マニュアル」「CD版死後探索マニュアル書籍セット」がある。1999年以来、世界中でワークショップを教え、好評を博している。


■ 翻訳 塩ア麻彩子(しおざき まさこ) ■

 

1965年、群馬県生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程(英文学専攻)修了。翻訳家。訳書に、「未知への旅立ち」「魂の救出」「純粋な無条件の愛」「人類大進化への旅」「死後探索マニュアル」 (ブルース・モーエン著、ハート出版),「究極の旅」(ロバート・A・モンロー著、日本教文社)、「トールキン 指輪物語伝説」(デイヴィッド・デイ著、原書房)などがある。埼玉県さいたま市在住。


■ 坂本政道(さかもと まさみち) ■

 

モンロー研究所公認レジデンシャル・ファシリテーター
(株)アクアヴィジョン・アカデミー代表取締役
1954年生まれ。
1977年東京大学 理学部 物理学科卒。1981年カナダトロント大学電子工学科 修士課程終了。
1977年〜87年、ソニー(株)にて半導体素子の開発に従事。
1987年〜2000年、米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーSDL社にて半導体レーザーの開発に従事。
2000年5月、変性意識状態の研究に専心するために退社。
2005年2月、ヘミシンク普及のため(株)アクアヴィジョン・アカデミーを設立。
著書に「体外離脱体験」(たま出版)、「超意識 あなたの願いを叶える力」(ダイヤモンド社)、「人は、はるか銀河を越えて」(講談社インターナショナル)、「体外離脱と死後体験の謎」(学研)、「楽園実現か天変地異か」「屋久島でヘミシンク」「地球のハートチャクラにつながる」(アメーバブックス新社)、「5次元体験の衝撃」(徳間書店)「バシャール × 坂本政道」(ヴォイス)、「宇宙のニューバイブレーション」(ヒカルランド)、「死後体験」「死後体験2」「死後体験3」「死後体験4・2012人類大転換」「絵で見る死後体験」「ヘミシンク入門」「2012年目覚めよ地球人」「分裂する未来」「アセンションの鍵」「ピラミッド体験」「あなたもバシャールと交信できる」「東日本大震災とアセンション」「増補改訂・死の「壁」を超えるスーパー・ラブ」「激動の時代を生きる英知」(ハート出版)、監修、監訳書に「死後探索1 未知への旅立ち」「死後探索2 魂の救出」「死後探索3 純粋な無条件の愛」「死後探索4 人類大進化への旅」「ロバート・モンロー『体外への旅』」「死後探索マニュアル」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave I ディスカバリー(発見)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave II スレッショルド(境界点)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave III フリーダム(自由)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave IV アドベンチャー(冒険)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave V エクスプロアリング(探索)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave VI オデッセイ(旅)」「ガイドとの交信マニュアル」「全脳革命」「人生に奇跡を起こすヘミシンク」(ハート出版)、CD、DVDに「あなたもバシャールと交信できる(CD)」「DVD版ピラミッド体験」(ハート出版)などがある。

最新情報については著者のウェブサイト「体外離脱の世界」とアクアヴィジョン・アカデミーのウェブサイトに常時アップ。

 

関連ニュース

2004.01.30

「死後体験」著者坂本氏、スターピープル誌で紹介(スターピープル2003年冬号)

 

読者の声

 

おすすめの本


ヘミシンク入門


誰でもヘミシンク


絵で見る死後体験


魂の救出


死後体験3


未知への旅立ち

 

 


本書をアマゾンで注文する
ふるさと文庫
ハート出版