児童書
犬と猫
ホタル
健康書
精神世界
ヘミシンク本
趣味実用
教育書
文芸書
ふるさと文庫
文庫注文書
ヘミシンクCD
公 募
商品一覧
本を探す
リンク
ニュース
近刊案内
会社概要
書店様向
ハート出版 TOP
お問合せ
動画(youtube)
ふるさと文庫ブログ


商品検索:キーワードを入力してボタンをクリック!


「 死後探索マニュアル 」をアマゾンでご注文
(クリックしてください)


「 CD版死後探索マニュアル 」を楽天でご注文
(クリックしてください)


「 CD版死後探索マニュアル書籍セット 」を楽天でご注文
(クリックしてください)

誰でも好奇心さえあれば、
時間と空間を超えた異次元世界を
安全に探索できる――
ヘミシンク
モンロー研究所ヘミシンク



『ヘミシンク体験セミナー』『モンロー研究所ツアー』

アクアヴィジョン・アカデミー(←検索サイトで検索してみてください)

電話0476-73-4114 FAX:0476-73-4173
へお問い合せください。


■ ブルース・モーエンがあなたを親切、丁寧に導く ■


ブルース・モーエン

死後探索マニュアル


自分でできる魂救出エクササイズ

「あの世」の人だけとは限らない。
苦しみやトラウマに囚われている
「自分の側面」をも救出が可能なのだ


あなたは死んだらどこへ行くのだろう?

もし誰かがあなたに死後の世界についての真実を自分自身で探索する、
安全で信頼性のある方法を示してくれたとしたら、あなたはどうする?
そのチャンスをつかんで、自ら探索に出るろうか?
『死後探索マニュアル』は、まさにそういうチャンスなのだ。
ブルース・モーエンは、死後探索のベテランだ。
彼の主張によると、亡くなった人とコミュニケートして
死後の世界の真実を発見することは、じつに簡単だという。
私たちには、とてもそうは思えなくともだ。
エンジニアとしての教育を受けているモーエンは、
体系的でありつつ単純なコンセプトや、テクニック、エクササイズを作り出した。
これを利用することで、世界中の人々が亡くなった人と接触し、
コミュニケートして、それぞれの証拠を集めているのだ。


ブルース・モーエン流メソッド(ノン・ヘミ)
リラクゼーションと想像を組み合わせることで、死後世界を探索する方法。 本来はヘミシンクという音響技術を駆使して行うが、ブルース・モーエン がその手法を簡便化し、ヘミシンクを使用せずに、誰でもできるようにアレンジ した。


ブルース・モーエン 著 坂本政道 監訳 塩ア麻彩子 翻訳 2009.02.23 発行  

ISBN 978-4-89295-633-1 C0011 480頁・定価 3024円(本体 2800円)


 

プロローグより

死後探索マニュアル

 風のない蒸し暑い日、ミネソタ州の静かな湖で、手漕ぎボートに乗って、私と父は釣りをしていた。私たちの話題はいつしか、私たちが死後どこへ行って何をするのかについて、私が発見したことがらに向かった。父はこう言った。「そうだな、死ぬまでわからないよな」。しかし、数年後に私は、ホスピスで昏睡状態の父が急速に肉体での人生の終わりに近づきつつあるとき、父のそばに座っていた。そして、何年か前に亡くなった母が、父の移行をよりスムーズなものにするために、父に会いに来たのを見たのだった。父の死後、私が最初に訪ねていったとき、父は開口一番こう言った。「ブルース、この場所があるって、おまえが言っていたのは正しかったようだな」
 何世紀にもわたって私たちは、死後の世界についての知識には手が届かないのだと、宗教によって教え込まれてきたし、死後の世界の存在など幻想に過ぎないのだと、科学によって言い聞かされてきた。その同じ者たちが、かつて地球は平らで宇宙の中心にあると、私たちに信じ込ませようとしてきた。コロンブスやガリレオのような、普通の人間たちが、自分自身で探索をおこない、真実を見いだしたのだ。しかし、私たちが肉体の死後も存在し続けるということに関して、真実を見いだしたければ、真の証拠が必要だ。どうやって、また、どこに行けば、その証拠が見つかるのだろうか?
 証拠とは、直接の体験によって得られるものだ。本書では、あなたがご自身で実証可能な証拠を集め、ご自分に対してそれを証明していくのに役立つ、ものの捉え方とテクニックとエクササイズをご紹介する。
 私たちが死後も存在し続けることを、ご自分に対して証明することは、冒険の始まりにすぎない。その冒険は、私たちの存在の起源について、知識と理解をもたらしてくれるだろう。
 では、どのようにしたら、真の証拠を集めることができるのだろうか?
 この「基本前提」を使ってみていただきたい。

1 亡くなったとわかっている人とコミュニケートする方法を見つける。

2 この亡くなった人から、ほかには知る手だてのない情報を収集する。

3 この情報が真実であり、正確であり、本当であることを実証する。

4 こうした証拠を集め続けるなら、その重みによって真実に到達できる。

 これは不可能なことのように思われるかもしれない。だが、私が一九九九年に「死後探索ワークショップ」を開催し始めて以来、特別な才能や超能力を持たない普通の人が何百人も、日常的にこれを実行することを覚えてくださっている。
 このガイドブックは、ワークショップで教えたことから生まれた、実証済みの手法を集めたものだ。どのワークショップの参加者も、亡くなった人と直接的かつ実証可能なコミュニケーションを経験しているという事実からして、これらの手法の効果は明らかだ。何百人もの人々が、「基本前提」を利用して、自分が肉体の死後も存在し続けるということを、自分に対して証明してきている。参加者の方々は、亡くなった友人や、愛する人たちや、見知らぬ人たちとコミュニケートして、正しさを実証できるような情報を収集している。多くの方々が、単に事実を実証するだけでなく、死後の人間がどのように存在するのかということについて探索するようになっている。中には、同じ手法を用いて、単なる人間の存在をはるかに超えたところまで探索を進めている人たちもいる。
 ものの捉え方やテクニックやエクササイズは単純なものだが、死後の世界の知識に至る道は単純であり、複雑でもある。
 私はよくこんな言い方をする――死後の世界の探索を学ぶのはあまりにも簡単なので、一番難しいのは、自分がそれをしていると信じることなのだ。
 私たちの信念――自分の属する文化や、宗教、両親、科学、その他の出所から身につける信念は、単純なものを複雑に変えてしまう。そうした信念によって、私たちの知覚は変えられ、ブロックされ、歪められてしまう。経験を実証することで、この手の影響が取り除かれていけば、物質的な世界を超えたものをとらえる知覚が素晴らしく向上するだろう。亡くなった人や、「向こう」に住むほかの存在たちとコミュニケートすることは、ごく当たり前の日課となる。あなたは疑いの余地なく、私たちが物質的な世界を超えたところで存在し続けることを知るだろう。
 あなたが、もっと知りたいという好奇心に駆りたてられて、今なお続いている死後の世界やその彼方を探る旅に飛び込んでくださることを、私は願っている。あなたが、ご自分で発見した情報をほかの人にシェアしてくださり、死後の世界に関する知識をできるかぎり広げていってくださることが、私の願いだ。
 

 

目 次

プロローグ

第I部 意識についてのコンセプト

1 意識についての捉え方
2 リラックスとエネルギー収集
3 アファメーション
4 信念
5 意識の構成要素


II部 意識的な探索のツール

6 導き
7 ハートの知性
8 上からのエネルギー収集
9 愛
10 準備のプロセス


第III部 死後探索のテクニック

11 死後の世界の地図
12 探索テクニックのまとめ
13 探索のための注意集中
14 知覚の手段としての想像力
15 非物質的な感覚による注意集中
16 注意の焦点を別世界にシフトする
17 ヘルパー
18 注意事項、ショートカット、上級のツール、探索すべき場所


第IV部 救出を基本とする探索

19 救出の技術
20 救出のプロセス
21 最初の救出エクササイズ
22 フォーカス23での救出の例
23 信念体系領域の救出エクササイズ
24 信念体系領域の救出の例
25 特定の亡くなった人の訪問または救出
26 特定の亡くなった人の訪問または救出 ――その例
27 「自分の側面」の救出
28 「自分の側面」の救出――参加者の体験
29 救出の先にあるもの
30 情報源




 

著者紹介

■ ブルース・モーエン ■

 

ブルース・モーエンは、ファロン夫人と共にフロリダ州セーフティ・ハーバーで暮らしている。非物質的なものへの好奇心から、死後の世界の探索を開始し、その経験が「死後探索」シリーズで紹介されている。著作は「未知への旅立ち」「魂の救出」「純粋な無条件の愛」「人類大進化への旅」「死後探索マニュアル」の5冊。CDに「CD版死後探索マニュアル」「CD版死後探索マニュアル書籍セット」がある。1999年以来、世界中でワークショップを教え、好評を博している。


■ 翻訳 塩ア麻彩子(しおざき まさこ) ■

 

1965年、群馬県生まれ。お茶の水女子大学大学院修士課程(英文学専攻)修了。翻訳家。訳書に、「未知への旅立ち」「魂の救出」「純粋な無条件の愛」「人類大進化への旅」「死後探索マニュアル」(ブルース・モーエン著、ハート出版),「究極の旅」(ロバート・A・モンロー著、日本教文社)、「トールキン 指輪物語伝説」(デイヴィッド・デイ著、原書房)などがある。埼玉県さいたま市在住。


■ 監訳 坂本政道(さかもと まさみち) ■

 

モンロー研究所公認レジデンシャル・ファシリテーター
(株)アクアヴィジョン・アカデミー代表取締役
1954年生まれ。
1977年東京大学 理学部 物理学科卒。1981年カナダトロント大学電子工学科 修士課程終了。
1977年〜87年、ソニー(株)にて半導体素子の開発に従事。
1987年〜2000年、米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーSDL社にて半導体レーザーの開発に従事。
2000年5月、変性意識状態の研究に専心するために退社。
2005年2月、ヘミシンク普及のため(株)アクアヴィジョン・アカデミーを設立。
著書に「体外離脱体験」(たま出版)、「超意識 あなたの願いを叶える力」(ダイヤモンド社)、「人は、はるか銀河を越えて」(講談社インターナショナル)、「体外離脱と死後体験の謎」(学研)、「楽園実現か天変地異か」「屋久島でヘミシンク」「地球のハートチャクラにつながる」(アメーバブックス新社)、「5次元体験の衝撃」(徳間書店)「バシャール × 坂本政道」(ヴォイス)、「宇宙のニューバイブレーション」(ヒカルランド)、「死後体験」「死後体験2」「死後体験3」「死後体験4・2012人類大転換」「絵で見る死後体験」「ヘミシンク入門」「2012年目覚めよ地球人」「分裂する未来」「アセンションの鍵」「ピラミッド体験」「あなたもバシャールと交信できる」「東日本大震災とアセンション」「増補改訂・死の「壁」を超えるスーパー・ラブ」「激動の時代を生きる英知」(ハート出版)、監修、監訳書に「死後探索1 未知への旅立ち」「死後探索2 魂の救出」「死後探索3 純粋な無条件の愛」「死後探索4 人類大進化への旅」「ロバート・モンロー『体外への旅』」「死後探索マニュアル」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave I ディスカバリー(発見)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave II スレッショルド(境界点)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave III フリーダム(自由)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave IV アドベンチャー(冒険)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave V エクスプロアリング(探索)」「ヘミシンク完全ガイドブック Wave VI オデッセイ(旅)」「ガイドとの交信マニュアル」「全脳革命」「人生に奇跡を起こすヘミシンク」(ハート出版)、CD、DVDに「あなたもバシャールと交信できる(CD)」「DVD版ピラミッド体験」(ハート出版)などがある。

最新情報については著者のウェブサイト「体外離脱の世界」とアクアヴィジョン・アカデミーのウェブサイトに常時アップ。

 

読者の声 ニュース

 

おすすめの本

純粋な無条件の愛

誰でもヘミシンク

絵で見る死後体験

魂の救出

ロバート・モンロー「体外への旅」

2012年目覚めよ地球人

 

 


本書をアマゾンで注文する
ふるさと文庫
ハート出版